秋には秋の漢方薬を選んでます!

夏もあっという間に過ぎ、肌寒い日も多くなってきました。

夏の疲れがまだまだ残るこの季節、
チムジルバンで汗を流して、漢方の香りで癒されてください!

薬漢房

あるごの湯では、チムジルバンにある薬漢房の漢方薬を季節に合わせて変更しております。
というわけで、この秋の漢方薬はこれです!

秋の漢方薬は桂皮です。

香りを嗅いでいただければスグに判りますが、桂皮の別名はシナモンと言います。

桂皮には水分代謝の調整と体内の毒を取り去る作用があると言われており、最も乾燥する季節とされているこの季節に適した漢方薬です。

※秋は漢方では燥邪(そうじゃ)といって、乾燥が体に悪影響を与える季節だと言われています。

薬漢房桂皮_01

チムジルバン薬漢房では、当帰や甘草など10種類の漢方薬をブレンドして天井の梁から吊り下げています。

季節に合わせてメインになる漢方薬をチョイスして、追加で投入しています。

すでに昨日からチムジルバン薬漢房はシナモンの良い香りが漂っています。
汗を流すだけではなく、漢方薬の香りも一緒にお楽しみください!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中